ペニスサイズを決める7つの要因!なぜ俺のペニスは小さいの?

ペニスサイズを決める7つの要因

他人のたくましいペニスを銭湯で見かけたり、AV鑑賞をしていると画面の向こうに映る立派なペニスを見ると落ち込んだりした人も多いはず。

どうしてこんなに自分のペニスは小さいのか。。。

なぜ神はペニスのサイズに平等ではなく、試練を与えたのか。

ペニスが小さいということはそれだけ人一倍悩みも多いものだ。

 

そこで本ページでは、そもそも小さいペニスとは何センチからいうのか?ペニスサイズを決める要因は何なのか?について解説している。

小さいペニスの基準は?何センチから短小?

7cm以下だとペニスが小さく満足させえることができないの図

そもそもペニスが小さいってどのくらいの大きさからのことを言うのか。

ちまたでは、日本人の勃起時の平均サイズ(13cm)より小さければ短小と言われているが、そんなことは断じてない。

ペニスが小さいという一番の基準になるのは『パートナーの膣の奥まで到達できるかどうか』なのだ!

日本人の一般的な女性の膣は7〜10cmほどである。

要するに7cm以下であれば「小さいペニス」ということだ。

反対に7cm以上であれば、理論的には膣の奥まで届くのでパートナーを満足させてあげられる可能性はある

膣の奥にはポルチオと言われる快感を得られるスポットがあり、ペニスでそこを刺激し続けるとパートナーは腰が砕けるほどの快感を得るのだ。

(もちろんペニスサイズがすべてではないのでキスや愛撫をしっかりしてあげることをオススメする。)

 

以下がある程度のサイズごとに区切りを付けた評価である。

大きければ大きい程女性が求めるサイズに近づくのだ。

サイズ7cm以下8cm~1314cm以上
見た目短小
ポークビッツ
平均もしくは短小予備軍
シャウエッセン
ビッグマグナム
フランクフルト
パートナーの心の声
満足してない
別れの危機
普通
お互いの相性による
メロメロ
テクニックもあればなおよし

女性が求める理想のペニスサイズ成長が止まったペニスを大きくする方法を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしていただきたい。

 

ペニスサイズを決める7つの要因

先天的な要因である遺伝と、後天的な要因である生活習慣にわけて解説していく。

遺伝【父親のペニスが小さければ小さい】

ペニスの大きさは遺伝で決まるの図

人によって身長・体重が違うように、ペニスサイズもバラバラだ。

これは遺伝によって決まるところが大きい。

ペニスのようなデリケートな部分には男性ホルモンの影響を受けやすいので、遺伝や血筋などにものすごく関係が深い。

(※隔世遺伝で大きさは変わることもある。)

もちろん、今のペニスの大きさは父親のペニスの大きさが遺伝している。

(短小を恨むなら、父親を恨むべきだが、もちろんその父親も先祖を恨んでいるはずだ。短小の負のスパイラルは実に恐ろしい。)

遺伝に関する余談

実は女性の胸の大きさも母親から遺伝するので今のパートナーの胸のサイズに満足していなければパートナーの家系を恨むしかない。男性同様に女性も胸のサイズで悩んでいることも多いので胸以外の部位を誉めてあげて機嫌をとってみよう。ペニスのサイズに自信がなくても、前戯などを褒められると嬉しいのと同じことだ。

 

睡眠【ゴールデンタイムに眠れているか】

ペニスは就寝中の成長ホルモンの影響で成長するの図

一般的に22時から深夜2時(※ゴールデンタイム)の間に一番多くの成長ホルモンと男性ホルモンが大量に分泌される

この時間帯にホルモンの分泌量が多いことからゴールデンタイムと言われている。

このゴールデンタイムに十分な睡眠を確保できるかが、からだの成長にとってかなり重要だ。

必要な睡眠が取れないと体調を崩したり、肉体の成長が止まったりするなどの弊害が出るほど睡眠は人間の成長にかかせない。

人間は睡眠時に成長ホルモンが分泌され、筋肉や内臓機能などの修復が行なわれ、細胞が分裂してからだが成長する。

もちろん、ペニスも睡眠時に成長しており十分な睡眠がとれないとペニスの成長を妨げるのだ。

 

運動【筋肉に刺激を与えているか】

運動することで男性ホルモンが分泌されるのでペニスが成長するの図

度な運動は筋肉に刺激を与え男性ホルモンを分泌させる。

水泳、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動が血流をよくするのに非常に効果的だ。

運動をしないと血管自体が弱くなるので血流が悪くなり、運動不足が原因で肥満になると男性ホルモンの分泌は低下してしまう。

ペニスの成長において肥満は強力な敵になるのだ。

 

食生活【バランスの良い食事がとれているか】

ペニスの成長には栄養バランスが大切の図

手軽にジャンクフードが食べれる時代になり栄養の確保がより困難になっている。

普段からバランスの偏った食生活を送っているとペニスの成長に必要な栄養素を摂取できないことになる。

多くのジャンクフードは脂質と糖質のかたまりで、それ自体にはほとんど栄養は含まれてない。

また食生活の乱れで肥満体系になるとペニスに血液が巡りにくくなる。
(太った人のペニスがドリルみたいに埋もれているのがその証拠だ)

 

男性ホルモンを分泌するには、バランスの良い食生活を送ることが必要不可欠だ。

それに加えて、大豆・鶏肉など脂質が少なく良質なタンパク質を含んだ食品、スイカや冬瓜などシトルリンを含んだウリ類、亜鉛を多く含んだ牡蠣などを積極的に取るようにしよう。

ペニスの大きさは思春期の生活環境がある程度関係している。

特に「睡眠」「運動」「食生活」がペニスサイズを決めるといっても過言ではないくらいだ。

思春期に運動部に所属し彼女との青春ライフを送っている人のほとんどは立派なペニスの持ち主である。

 

喫煙【吸うことにメリットがない】

喫煙は血管を収縮し血流がわるくなるのでペニスの成長を妨げるの図

喫煙している人なら知っていると思うが、タバコを吸うと血管が収縮する。

初めてタバコを吸ったときにクラクラしたことがあると思う。それはまさに血管が収縮している証拠だ。

血管が収縮すると、血流は悪くなり、勃起の状態やペニスの成長にも悪影響を及ぼす

 

飲酒【適量なら大丈夫だが。。。】

アルコールの分解にペニスの成長に必要な栄養素が使われるの図

適度な飲酒は、血液の循環を良くし、体の疲れをいやしてくれるものだ。

適量の目安としては以下の通りだ。

  • 日本酒…180~360ml
  • 焼酎 …100~200ml
  • ビール…500ml

しかし、適量を超える飲酒はペニスの成長を妨げている可能性が高い。

過度の飲酒は、肝臓に負担をかけるだけでなく、血流を悪くしてしまうのだ。

大量のアルコールを摂取すると、アルコール分解の過程でアルギニンやシトルリンや亜鉛が多量に消費される。(これらの成分はペニスの成長に非常に重要な成分)

 

また、血流が悪くなることで睡眠の質の低下を招いてしまう。

上述した通り、睡眠の質が低下すると成長ホルモンや、男性ホルモンの分泌が低下するのでペニスの成長に悪影響を及ぼす可能性が高い。

お酒は適量を心がけよう。

射精頻度【オナニーやSEXでペニスに刺激を与えられているか】

射精頻度が高いとペニスが成長しやすいの図

実は射精頻度もペニスの成長には非常に重要だ。

射精をしないとペニス自体が退化していく

 

メカニズムとしてはこうだ。

 

勃起して射精をしない

ペニスはただの排尿器官だと脳が認識

使わなければ使われないほど機能が退化していく

筋肉もそうなのだが、ペニスも使わなければ使わないほどその機能は下がっていくのだ

逆に、繰り返し射精や勃起をすることで、ペニスの血管が広がりペニスは少しずつ成長していく。

基本的には、毎日射精することをおススメする。

毎日射精して大丈夫なのかと不安になるかもしれないが、毎日射精することで精子を作る能力も上がるので安心してただきたい。

諦めるな!今からでもペニスは大きくなる!

骨格の成長は難しいがペニスの成長は今からでも可能の図

人間の成長自体は25歳くらいまでで終わるといわれている。

しかし、これはあくまでも骨格に関する成長だ。

骨格による成長とは身長や体格を構成する骨そのものが成長するかどうか

 

反対に骨格に関係がない筋肉やペニスの成長は今からでも可能だ。

筋トレすれば筋肉が大きくなるようにペニスもトレーニング次第で大きくなる。

人間の身体は常に成長し続けているが後天的な影響で成長を阻害されている可能性が高い。

先天的な要因である遺伝に関してはどうすることもできないが、後天的な部分を改善することでペニスの成長は可能になるのだ。

食生活の改善、十分な睡眠の確保、適度な運動など今からでもすぐに始められることはたくさんある。

改善できるところから始めれば少しずつからだやペニスに変化がでてくるだろう。



◇ペニスサイズ+5cmも夢じゃない◇
ペニス増大サプリのおすすめランキングが知りたい方は以下のページをチェック
ペニス増大サプリおすすめランキング7選の詳細をみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*